白血病の少年の夢かなう F1マシンが病院へ
静岡市県立こども病院に17日、F1マシンがやってきた。急性リンパ性白血病で入院中の小学6年生の夢がかなった。 病気の子供の夢をかなえるボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」(本部・東京)が、危篤状態から回復した少年から「将来、F1にかかわりたい」と聞いたのは15日。ホンダに連絡を取るとすぐにOKが出て、昨年までレースに使われた車が東京から運ばれた。病院にF1車を持ち込むのは初めてのことで、少年は感激で涙。「必ず病気に打ち勝って」と奔走した関係者全員がエールを送った。【毎日新聞より・TYS】
e0016921_11124016.jpg

[PR]
by jgtclub | 2008-09-18 11:15 | 徒然なるままに
<< 3月例会の件 袋田の滝 >>